今更ながら鳳帝の伝説と今。現在はアパレルブランドを本名で経営中

スポンサードリンク

今更ながら鳳帝の伝説と今。現在はアパレルブランドを本名で経営中Gossip7鳳帝の名前を知らないホストは現在いないことだろうか、

なぜ彼がここまで神秘化されているのか?

鳳帝が歌舞伎町で残した伝説を振り返ってみる。

現在は昔からの夢であったアパレルの独立を果たした鳳帝。
現在は昔からの夢であったアパレルの独立を果たした鳳帝。

まず、鳳帝といえば、毎月1000万を超える売り上げが連日話題になっていた。

バースデーでは史上最高の4000万を売り上げ、それまで最高だった当時トップダンディーの華神覇流を破り、敗北を認めさせた。

スポンサードリンク



 

鳳帝が誕生日イベントで4000万を叩き出し、その1年少し後に引退する際、華神覇流は自身のブログにて、鳳帝をホストとして認める賛辞を送っている。プライドの高い他店のライバルを折れさせた鳳帝のはやはり凄い。

さらに、鳳帝はただ売り上げが凄いだけでなく、そのお客さんに対する対応も素晴しかった。

それだけ細いお客さんにも気配りを忘れずに、メールをすれば必ず返してくれてたという。細いをお客さんを一日に何組もお店に呼んでた売れっ子ホストは、現在までに鳳帝ぐらいだろう。

使う額関係なしに、お客さんを大切にし、さらに初回の卓にも付き、しっかりとした接客までしていたという。

DE日記での鳳帝の初回報告の感想はどれも好評な内容だ。

さらに、関西仕込みのトーク力はユーモアに溢れ、ニコ生に出演した際には、笑いが止まない場を盛り上げた。

後輩を可愛がる部分でも尊敬を集め、帝一家というコンフォルトの売れっ子後輩だけで設立されたファミリーのような形容の使われた。

鳳帝はコンフォからフェイスに移った後に、アパレルでの独立を果たす。その洋服ブランドの名前はユニークで彼のセンスらしく、すでに多くのミュージシャンなどからステージ衣装としての以来が殺到しているという。

引退した後の、冬月グループの中で鳳帝を目標に頑張ってる若手が多くおり、今後も彼は歌舞伎の憧れのアイコンとして置かれることだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です