どちらか安全?「オンカジ」と「インカジ」の違いを徹底解説!

どちらか安全?「オンカジ」と「インカジ」の違いを徹底解説!

オンラインカジノをプレイするプレイヤーが日本にも増えてきています。そこで、よく耳にする「オンカジ」と「インカジ」。似たような響きですが違いがあるのでしょうか?

今回は、オンカジとは?インカジとは?から解説し、どちらが安全なのかこの記事で確認していきましょう。

オンカジとは?

まずは「オンカジ」の説明から行なっていきます。オンカジは「オンラインカジノ」の略称で、オンラインを通じてカジノゲームへベットできるプラットフォームのことです。

オンラインカジノは海外の政府が発行している運営ライセンスを取得し、海外より運営が行われています。日本語でのサービスが用意されていますが、日本以外にも多くの国へ同様のサービスが行われていることがほとんどです。

運営ライセンスの有無はサイト下部のフッターを確認することで、誰でも分かるようになっています。ライセンスの取得や維持には、定期的な監査など厳しい審査を通過する必要があるので、イカサマなどの不正行為があればライセンスが剥奪され、営業が不可能となります。

オンラインカジノを始める際には多くのサイトで、入金不要ボーナスフリースピンなどが登録時に使用できることがほとんどですので、試しに始めてみたい方はこれらを活用してみてください。

インカジとは?

続いては「インカジ」に関しての説明です。インカジとは「インターネットカジノ」の略称です。上記で説明したオンラインカジノの略称と言葉の響きは似ていますが、オンカジとはかなり異なるものです。

インターネットカジノもオンライン上でカジノゲームが提供されているものですが、多くの場合はインターネットカフェのような場所で、日本国内から提供されているものとなります。オンラインカジノのようにライセンスが取得されておらず、管理者は不明の場合が多いようです。そのため、不正行為などがあったとしてもプレイヤー側から見破ることは難しく、不透明な営業が行われています。

オンカジとインカジの安全性について

安全性の観点に焦点を当てて、オンカジとインカジノ違いを見ていきましょう。

日本のギャンブルに関する規制

違いを比較する前に、日本のギャンブルに関する規制についてまず説明していきます。日本において、ギャンブルは「賭博法」と呼ばれる法律で規制が行われています。賭博法で営業が認められているギャンブルは「公営ギャンブル」という、宝くじ、競馬、競輪、競艇などの胴元が日本政府のもののみとなっています。また、パチンコは三店方式という特殊な営業形態をとることによって運営が可能となっています。

オンカジとインカジの違い

これを踏まえて、オンカジとインカジの大きく異なる点を挙げると、

  • オンカジ:海外のライセンスを取得し海外から営業
  • インカジ:ライセンスなどの取得はなく日本から営業

となります。日本では、公営ギャンブル以外の運営は認められていないことからインカジは違法なカジノであり、知らずのうちにプレイすることによってプレイヤーも摘発対象となってしまいます。過去には、摘発や逮捕例もあるのでインカジには注意を払わなければなりません。

ここで、オンカジは合法なのかと言われると実際のところは取り締まる規則や法律が日本にないのが現状です。グレーゾーンと言われていますが、自己判断で責任を持ってプレイを行うようにしてください。

まとめ

今回は、オンカジとは?インカジとは?といった初歩的な内容から、双方の安全性について見ていきました。似たような名前で混乱してしまいますが、似て非なるものですので、ここで紹介した違いを理解して、安全にカジノを楽しんでください。