愛沢えみりの過去と今の接客の違い

スポンサードリンク

愛沢えみりの過去と今の接客の違いGossip7愛沢えみりがお水の業界に入った時期は18歳だと言われているが、
キャバ嬢を初めて現在に至るまで、歌舞伎町屈指の人気キャバ嬢に育った。
昔の愛沢えみりを知る人からすれば「接客が素敵になった」と、
過去からの成長に衝撃を受けている人が多い。

愛沢えみり 接客

昔の愛沢えみりは接客中に思ったことを何でも言ってしまっていたらしく、
爆弾と紙一重のところで接客していたと言われていた。
もちろん、実際に愛沢えみりが爆弾をしてしまったようなことはなかったいう。
しかし、その素直で素朴にも見える一面が、先輩にもお客さんにも愛されていた。

スポンサードリンク



愛沢えみりの美学では「自分が笑顔でいれること」があるらしく、
自分がつまらないと思う接客はしないという。

お店の出勤は豆で、同伴を欠かさないらしく、その理由に自身が寂しがり屋であることを挙げている。
お店にいることの大切さは、歌舞伎のレジェント一条葵も同様の意見を発言していた。
同じく「お店に多くいること」を重要な項目にあげている両者だが、その根源にある理油はそれぞれ違う。

楽しさをモチベーションに仕事を続ける愛沢えみりだが、
本人が心底楽しんでることがわかるからこそ、お客さんは使ってて楽しいのだろう。
本気で愛沢えみりのことが好きな人であれば、お店で彼女に幸せを与えられる満足が出てくるので、
「今日も楽しめ!」と、どんどん使いたくなっていくのだろう。

本人は自分の接客のことを「超マイペース」と表してるらしいが、
昔に比べて、現在は気遣い・心遣いができているという。

愛沢えみり 昔

現在の愛沢えみりは、誰もが注目する存在で、余計なことはできない。
きっと、ある時期から大人っぽい接客にシフトしていったのだろう。

ただ、ある意味で「テキトー」な部分は、過去にも現在にも同じことらしい!(笑)
お酒をたくさん飲めないのに、常にハイテンションで、常に本人が一番楽しんで接客をしてるという。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です