松坂桃李×広瀬すず主演『流浪の月』が気持ち悪いといわれる理由は?

流浪の月 キャストは広瀬すずさんと松坂桃李さん。2020年に本屋大賞を受賞したベストセラー作品が実写映画化されたものです。あの『怒り』でメガホンをとった李相日監督が手掛けたことでも、注目を浴びました。

かつて起こった未成年誘拐事件の被害女児と加害者が、15年後に再会するという物語です。しかし、それは単なる誘拐事件ではありませんでした。2人だけが知る誘拐事件の真実とは?そして、事件から15年後に再会した2人の人生を一変させる出来事とは?

ヒューマンドラマとして定評がありながらも「流浪の月 気持ち悪い」といわれてしまう理由も解説していきたいと思います。

流浪の月のあらすじは?

 『流浪の月』は、伯母に引き取られて暮らしている10歳の少女・更紗(演・広瀬すずさん)が雨の中公園にいるところに、声をかけてきた19歳の青年・文(演・松坂桃李さん)と出会うところから始まります。

「うちに来る?」少女を連れ帰る青年

「帰りたくない」という更紗に「うちに来る?」と、家に連れて帰る文。居心地が良かったのか、更紗はすっかり文の家に居ついてしまいます。

かつては家族で幸せに暮らしていた更紗でしたが、父が亡くなったことで生活が一変。母が恋人と一緒に住むようになり、更紗は伯母の家に引き取られていたのでした。

2ヶ月間の自由で平穏な生活

伯母の家で気まずくつらい思いをしていた更紗は、文との生活がすっかり気に入りました。しかし、更紗はまだ10歳。誘拐事件として警察が動き出すのは当然のことでした。

2ヶ月の月日が経ったある日、2人でいるところを警察に囲まれ、更紗はその場で保護。文は誘拐罪で現行犯逮捕されてしまうのです。

15年後の再開で人生が一変

事件から15年が経つと、更紗は恋人もでき、仕事もしていました。ある日とあるカフェを訪れた更紗は、そこのマスターが文であることに気が付きました。それから毎日のようにカフェに通い、2人は再び心を通わせていくのです。

しかし、更紗の恋人からの暴力や、文の過去がSNSで暴露されてしまうなどの悲劇にも見舞われ、2人はかつてのように穏やかで幸せな日々を送ることはできませんでした。

流浪の月 気持ち悪いといわれる理由は?

流浪の月 気持ち悪いといわれる理由は、本作のテーマが「幼女誘拐事件」であることだけではありませんでした。映画の本質でもあるラストシーンで、文が更紗に明かした秘密、そしてその描写が「流浪の月 気持ち悪い」といわれる理由になっていたようです。

文が更紗に明かした「秘密」

文は作中「人に知られたくないことを知られるのが一番怖い」と口にしていました。それが、最後に明かした文の秘密だったのです。

文は、第二次性徴のこない先天性の病気を患っていました。通常11~16歳ごろに分泌される男性ホルモンの量が不足し、ペニスが成長しない病気です。そう、文は身体が大人になれないという秘密を抱えていたのでした。

更紗に下半身を見せる文

流浪の月 気持ち悪いといわれる理由は、ラストシーンで文が更紗に下半身を見せる場面があったことでした。震え泣きながら下半身を見せ、身体が大人になれないこと、そして大人の女性に対し恋愛感情や性的欲求が湧かないことを告白します。

下半身を見せるという究極の行為に、流浪の月 気持ち悪いという視聴者が続出したようです。

まとめ

公開前から話題作として期待されていた流浪の月 気持ち悪いといわれるシーンもありましたが、総合的には視聴者にあらゆる角度で考えさせる作品となりました。表向きは幼女誘拐事件。しかし、世間が誘拐事件として騒ぎ立てている間、当事者の2人は平穏で幸せな2ヶ月間を過ごしていました。それは文が抱える秘密、そして更紗が苦しむ家庭環境があって叶った出会いであり、その後の2人の人生を変えていくことにもなりました。再会した2人の、あの頃とは違った表情や関係性にも注目ですよ。